【東中野KG】世界の料理を味わおう「韓国編」

「コロナに負けるな!!」と言いつつも外出も外食もお散歩もできない。気分が上がらない毎日。でも食欲だけは変わらずにある。

じゃあ、みんなで普段食べないもの、珍しいものを食べてみよう。あらっ、ちょうどフィリピン出身の職員がいるじゃない。から始まった世界の料理を味わおう「〇〇編」。

第一弾は職員の母国「フィリピン編」。初めて食べたフィリピンの家庭料理、日本人の舌に合い大盛況。

そして今回第二弾は韓国好きの職員の要望により「韓国編」。

メニューはキンパ、チヂミ、チャプチェ、キムチ、ワカメスープ、トゥンカロン。キムチは職員の手作り。配膳すると「わぁ~見ただけでお腹いっぱい」・・・一番人気はキンパでした。中には「私の口には合わない」と急遽、サバの味噌煮と白米を提供した方も。

 おやつのトゥンカロンは施設長の手作り。どんなものかわからない方も多いかと、ん~、マカロンの具沢山と言った感じでしょうか。見た目もチョー可愛くてカラフル。それぞれ好きなものを選んでいただいているうちにあっと言う間になくなっちゃった。「写真撮れなかったのでお願いします」ともう1個食べて頂き写真撮影。「あらトゥンカロンが見えてないよ~」という事で食べる前のトゥンカロンがこれです。音楽は韓国と言ったら?とりあえず古いけど「釜山港へ帰れ」なんだか居酒屋みたい、ちょっと古いけど「冬ソナ」の音楽で。

 世界の旅はまだまだ続く~、次はどこに行こうかなぁ。

(上記のレポートは、2022年4月発行、キングス・ガーデン東京ニュース第81号掲載記事を一部編集したものです。)

教会と地域がつながるシリーズ第6回(協力牧師研修会)

6月16日、東中野KGにおいて、樋野興夫先生を講師にお招きし、「がん哲学外来カフェを始めよう」という題でご講演をいただきました。

オンライン参加及び法人職員も含めて24名の方が参加されました。

膨大な情報を基に、先生特有のユーモア溢れる語り口により、とても和やかな雰囲気の中で、多くのことを学び合い、様々なことに気づかされるひと時となりました。

講演後の質疑応答・意見交換も活発でした。

当法人のブランド・メッセージにもある「寄り添う」ことの大切さ、「相手のために何もできなくても共に悩む」存在になろうとすることの意味の深さを考えさせられました。

2022年6月16日 社会福祉法人キングス・ガーデン東京 法人事務局

【東中野KG】キングスカフェOPEN5周年記念誌

コロナを言い訳にずれずれにずらしてしまいましたカフェ記念誌が出来上がりました。

投稿やアンケートにお答えいただきました方々に改めて感謝いたします。

どなたにも差し上げています。事務室前に置いてありますのでお近くにお立ち寄りの節はちょっと覗いて見てください。

いよいよキングスカフェも再開に向けて、まずイベントを定例開催してくださっていた方々にお声がけさせていただいています。いろいろ条件はありますが、新たなスタートの一歩を踏み出そうとしていますので、応援いただければ幸いです。ふらっと来ていただけるようになるのはもう少し先になりそうですが、どうぞよろしくお願いいたします。(フェイスブックより転載)

2022年4月 東中野キングス・ガーデン キングスカフェ担当(奥山)

【東中野KG】例年の交流祭に代えて

皆さま
コロナで明け暮れた一年ですが、皆さま方にはいろいろたくましく活動をお続けになっていらっしゃったことと思います。

昨年は出しそびれたクリスマスツリー、トナカイ君も満を持して登場、クリスマスそして新しい年の到来を待ち望んでいます。
なかなか皆さまと親しくお会いすることがかないませんでしたが、せっかくのクリスマスですから、ご無沙汰のお詫びもかねて小さなプレゼントをご用意。
ご利用者が心を込めてスタンプしました「クリスマスカード」と東中野キングス謹製、割とボリューミーな「リースクッキー」。交流祭の時、差し上げていた「キングスオリジナルメモリアル缶バッジ」。
例年の交流祭に代えて、ささやかな交流のためにささやかなプレゼントをご用意させていただきました。

100個ほど用意 し、 12月21日(火)からカフェ玄関でお渡ししました。

ご好評いただき、12月23日、最後の1個をお渡ししました。頒布会は終了となります。
皆さまありがとうございました。おかげさまでたくさんの方とお会いすることができました。感謝です。また来年、違った形で交流できますことを楽しみにしています。

2021年12月 東中野キングス・ガーデン フェイスブックより(一部編集)

【東中野KG】”RUN伴”キングスからスタート

今年もこんな中ですが、認知症をよりよく知っていただこうと”RUN伴”がキングスからスタートしました。
例年だと、東中野キングス・ガーデンのご利用者さんたちに送られて、きちっとタスキをして走り、つぎにつなぐ、というものですが、今回は質素に。小さな働きかもしれませんが、 認知症と共に生きる地域であることが、そこはかとなくアピールできれば良いな、と思います。行ってらっしゃい!

(2021年9月15日東中野KGフェイスブックより)

【東中野】ゆるゆるセミナー第2回”『寄り添う』ってどういうこと”

先日はゆるゆるセミナー第2回”『寄り添う』ってどういうこと”の会でした。
「なぜ参加しようとおもいましたか?」でチェックイン、
「帰ったら何をしますか?」でチェックアウト。
あっという間の1時間半でした。

参加してくださったお一人ひとりが私の「寄り添い」方について思いを巡らせていただいたとことかと・・。
たとえ言葉を交わさなくても30分、1時間お互いが苦痛にならないでいっしょにいられたらいいな、とあらためて思わされました。

吉川先生並びにいつもいつもお手伝いしてくださるキラキラプレゼンの皆様、ありがとうございました。

次回は8/26月曜日10:00-12:00″「いざ」と「まさか」の備えのために”と題して防災シュミレーションゲームを行います。
防災月間ちょい前に過去の震災事例から教訓をゲーム形式で学びとってみましょう。
お待ちしています。

2019年8月5日 東中野キングス・ガーデン キングス・カフェ