「認知症を地域で生きる」サポートネットワーク第4回シンポジウム大盛況!!

2019年11月10日(日)、練馬の丘キングス・ガーデンを会場に、サポートネットワーク第4回シンポジウムを開催いたしました。

「認知症を地域で生きる」と題して、VR認知症体験、展示相談コーナー、講演など、盛りだくさんのプログラムで盛り上がりました。

良い天気の中、近隣の方も多くおいでになり、120名を超える参加者に恵まれ、良き学び、良き出会いとつながりを与えられる時となりました。

トップバッターの講演、きみさんちの志寒さん
トークショー、ちいたびの高橋さんとMARINEの田中さん
出展相談コーナー「木瓜の花 認知症の人を支える家族の会」
オレンジカフェとんぼ
自然工房めばえ
ケアラーズカフェCoもれび&シンプルライフ・カナフの喫茶コーナー
ミニケアホームきみさんち
若年認知症交流会小さな旅人たちの会(ちいたび会)
若年認知症ねりまの会MARINE
NPO法人認知症サポートセンター・ねりま
ダスキンヘルスレント練馬ステーション
VR認知症体験
2019年11月10日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : kg-tokyo

「やきいもホクホクDAY」大盛況!

2019年11月2日(土)午後、晴天に恵まれ、今年もやきいもホクホクDAYは大盛況でした。

お年寄りから赤ちゃんまで、350名を超える近隣住民の方々が集ってくださり、練馬工業高校の生徒さんたちの焼いたホクホクの焼いもを美味しくいただきました。

今年は新たに「福祉なんでも相談」のコーナーを玄関に設けました。ねりま社会福祉法人等のネット光が丘地区メンバーから6法人12名が協力し、保育、障がい、介護、就労と幅広い相談を受けられる体制を作りました。

今日は初めての試みということでしたが、障がい分野に1名の相談、保育の分野には小さなお子さんが訪れ一緒に折り紙を折って楽しみました。この他、パンフレットコーナーに立ち寄った方とお話しをしたり、見学のご案内につながったりした方もいました。また先日の練馬区の就職イベントの際に来られた方が2名ほどおいでくださいました。

今後もねりま社会福祉法人等のネット光が丘地区では、各施設等で行われるイベントの際にこのような福祉なんでも相談のブースを設けることを話し合っていきます。回数を重ねる中で周知されていき、一人で抱え込まず気軽に相談できる場所があることが多くの人に広まることを期待しています。

2019年11月2日(土)練馬キングス・ガーデン 施設長(中島)

ボランティア便り2019.9月号

PDFはこちらから

練馬キングス・ガーデンで発行しているボランティア便りの最新号をご案内します。

2019年9月28日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : kg-tokyo

【練馬の丘KG】麻雀の日

今日は麻雀の日。

ボランティアさんの見守る中みなさん真剣な眼差しで集中しています。

2019年9月3日 練馬の丘キングス・ガーデン

2019年9月3日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : kg-tokyo

【練馬KG】残暑厳しくあとひと頑張り

本日、残暑見舞いの絵葉書が届きました。

いつもながら素敵な花の絵に、言葉が添えてあり励まされます。

8月にはこの葉書、

7月にはこちら、

6月にはこちら、

毎月のように送ってくださる絵葉書の作者は、近隣にお住まいのご高齢の方です。

以前は入居者全員分の絵葉書を書いてくださっていました。

いただいた絵葉書は、玄関に飾らせていただきます。

感謝いたします。

2019年8月29日 練馬キングス・ガーデン 施設長 中島真樹

「もう一度行きたい」

昔よく買い物に行かれていた三越へもう一度行きたい!という希望を叶えに
三越へ、ご利用者様をお連れして参りました。

行く前にお化粧をし、おめかしを♪

看護師も付き添い、
機能訓練員の運転で三越へ行って来ました。

ウィンドーショッピングをしながら
昔を思い出されたようにキラキラした目で
洋服やアクセサリーを見ておられました。

とびっきりの笑顔です!!

何十年ぶりに行かれた為、お店などは変わっていましたが、
洋服等をみると表情が明るくなり
食品売り場に寄りご本人が食べたく選んだお菓子等を購入し、
帰ってきました。

帰園後には「いい思い出を、ありがとう」と職員に声を掛けて下さりました。

久しぶりの遠出という事もあり、健康面での心配はありましたが
看護師はじめ、他職種とも連携し、本人、職員もより安心して外出することができ、
「行きたい!」といった希望を叶えられ、嬉しく思いました。

2019年8月8日 練馬キングス・ガーデン 特養(大戸)

【練馬の丘】最近の地域交流スペース(コンサート&きんぐす食堂&ふらっとカフェ)

練馬の丘キングス・ガーデン1階の地域交流スペースを活用した最近のイベントをご紹介します。

午後のさわやかコンサート♫
先日ピアニストの平田侑さんとオーボエの平田仁美さんによるコンサートが行われました。

ピアノのソロから始まり、オーボエとのデュエット、ピアノの連弾もあり、
最後にはみなさんでふるさとやあめふりを一緒に歌いました。

美しい音色とハーモニーにうっとりして、梅雨空を忘れさせるひと時となりました。
ありがとうございました!

7月の子ども食堂!
今回は(株)トータルライフケア様より子ども食堂のために じゃがいもの提供をして頂きました!

なんと、6種類ものじゃがいもを頂き、写真に写っているフライドポテトは ノーザンルビーという種類のお芋です。

またインカや北あかり、男爵、はふかして頂きました。
子どもたちにも好評でした。

最後に先日のふらっとカフェ!!
事務主任の手作りお菓子でほっこりゆったりする日。

練馬の丘キングス・ガーデンの日々の様子は、フェイスブックページでも随時アップしていますので、そちらもぜひチェックしてみてください。https://www.facebook.com/NerimaNoOkaKG/


2019年8月5日 練馬の丘キングス・ガーデン

土用の丑の日

今日のお昼ごはんは「うなぎ」

栄養をつけて暑い夏を乗り切ろう!と美味しくいただきました♪

今日のおやつ時には、中庭エデンで採れた「梅ジュース」

玄関には職員の方が持ってきてくださった紫陽花、3階のエレベーターホールにも飾ってあります。今年の梅雨は長かったですね~

先月、カーテンの入れ替えを行いました。居室も共有スペースもほぼすべてのカーテンが交換され綺麗になりました。

近隣にお住まいの「とみさん」から、「ビワ」の絵葉書をいただきました。いつも季節に合わせた素敵なお便りをいただき感謝です。

2019年7月27日 練馬キングス・ガーデン 施設長(中島)

東京ホームタウンプロジェクト「その後」インタビュー

3年前の7月、東京ホームタウンプロジェクトの「1DAYチャレンジ」の支援を受けて、中庭を地域のためにどう活用できるか、プロボノのチームの皆さんと話し合い、様々なアイデアをいただきました。

詳しくは東京ホームタウンプロジェクトのホームページをご覧ください。

本日、「その後」のインタビュー調査のため津田塾大学総合政策学部の方たちがおいでくださいました。

私自身もあれから3年が経ったことを思い返しつつ、多くの変化と成果があったことを実感した良い機会でした。

一部になりますが、この3年の変化と成果をご紹介します。

  • 1、当時の「中庭活用プロジェクト」が、その後「地域貢献委員会」と名称を変更し常設の会議体になった。
  • 2、中庭の名前を職員に公募し、「エデン」と命名された。
  • 3、中庭「エデン」の植木等の手入れを定期的にしてくださるプロの方、シルバーの方、ボランティアの方などが見つかり、以前より格段に綺麗になった。
  • 4、年に4回ほど、施設全体での地域貢献イベントを開催するようになり、イベントによっては地域の福祉事業所の方たちと連携し、中庭で「オープンカフェ」を行うようになった。
  • 5、子どもたちにも気軽に遊びに来てもらえるように遊具、「ハンモック」と「ブランコ」を設置した。時々、学校帰りの小学生が宿題をやりに来たり、中庭の遊具で遊んでいったりする。
  • 6、中庭「エデン」のマップを作って配布・掲示し、近隣の人たちにアピール。時々、近隣の保育園の園児さんたちが散歩に寄ってくださったり、前の公園に遊びにきたママさんと子どもたちも遊びに寄ってくださる。
  • 7、梅を採ってジュースに、ビワをジャムに、夏野菜を育てたり、グリーンカーテンで日よけを作ったりと、デイサービスなどの利用者が中庭「エデン」を楽しみにしてくださる機会が増えた。利用前に見学でご案内すると、とても気に入ってくださり、それがきっかけで利用につながった方もいる。
  • 8、職員が中庭の価値を再認識し、地域の方たちに知ってもらいたい、利用してもらいたいという意識に変わった。
  • 9、ホームページのブログやフェイスブックなどのWEB・SNS、きんぐす便りやパンフレットなどの紙媒体、掲示板やブラックボードなど、さまざまな媒体を活用して、自分たちの活動などをアピールする機会が増えた。
  • 10、老朽化していたベンチだったが、プロボノでもお世話になった社協(ボランティアコーナー)の紹介で、地域のプロ「(株)光が丘美装」の方たちがボランティアで綺麗に塗りなおしてくださった。

その他まだまだあります。

練馬区から委託されている練馬キングス・ガーデンの地域包括支援センターは、2018年度より支所から本所となり、地域包括ケアシステムの推進役としてますます期待される存在になってきています。

「8050問題」など、この地域にもさまざまな福祉的ニーズが顕在・潜在化していますが、「地域共生の拠点」の一つとなれるように、引き続き一歩ずつ歩みを進めていきたいと思います。

2019年7月18日 練馬キングス・ガーデン 施設長 中島真樹