『第二地区祭文化展出展』

10月27日-28日に早宮地域集会場の2階で行われた、第二地区祭文化展にデイサービス、ショートステイ、特養のご利用者の作品を出展させて頂きました。

デイサービスからは手芸、絵手紙、貼り絵、書道の作品を、ショートステイからは貼り絵、手工芸の作品を、特養からは書道の作品を出展致しました。


今回は例年より出展数も少なく、来園者も少ないようでしたが、地域の方からもご利用者の作品を喜んで頂けました。また、来年に向けて、作品作りに励んでいきたいと思います。

  

2018年11月8日

練馬キングス・ガーデン デイサービスセンター(木下・小泉)

「生まれ育った場所へ~」

先日、
特養ご利用者と御家族と一緒に
生まれ育った雑司ヶ谷・鬼子母神で毎年行われる
御会式に行って来ました。

 

有名な
「500の桜花を25本の枝に結んだ枝垂れ桜様の万灯」の前で記念写真♪

 

昼食には、ご利用者の親戚が営んでいるラーメン屋さんへ行き、
楽しいひと時を過ごされていました。

施設内でも日頃から、大好きなビールを楽しまれていますが、
慣れ親しんだ場所・親戚のもとを訪れての過ごす
「時」・「ビールの味」は、より格別だったのではないでしょうか♪


また来年の鬼子母神も楽しみにされていました。

2018年10月22日

練馬キングス・ガーデン 特別養護老人ホームケアワーカー

「ヒバ風呂」

「ヒバ風呂」

ここ練馬キングスガーデンでは、天然青森ヒバを使った個浴の浴槽を使用しています。

今回、二つの浴槽のうちの一つが、
新しい浴槽に、変わりました。

フロアまで香るヒバの匂いに、ご利用者の方も入るのを楽しみにされていました。

入浴委員の職員も、新しくなった浴槽のお披露目準備をし、

いざ!!


普段より会話が増え
ついつい、長湯に。。。♪

ご自宅と同じ様な生活、
難しいところもありますが、
このような形で、お風呂を楽しむ事が出来るのは、
ご利用者の一つの楽しみでもあります。

ご利用者1人、職員1人、
その方に合わせた関わり方、
温もりと安心を感じて頂ける時間は、
ご利用者と職員の距離を、縮める機会でもあります。

また季節により、入浴剤や飾りを添え、
季節折々のお風呂を、感じて頂く事も行っております。

2018年9月4日

練馬キングス・ガーデン 特別養護老人ホーム 3階ケアワーカー大戸

『盆踊り』

 

8月10日
近隣の小学校へご利用者の方々をお連れし
納涼祭に参加してきました。

今年は、14名のご利用者をお連れすることができました。

音楽が流れると、踊りの輪の中に入り、
踊りに参加される方もいらっしゃいました!

ご家族の方も多く参加して頂き、ご利用者と共に
皆さま楽しまれている姿が、とても印象的でした♪

参加しご協力くださった、ご家族・ボランティアの皆様、
ありがとうございました。

 

 

まだまだ暑い日が続きそうですが
体調など崩されないよう、元気に過ごして頂ければと思います。

2018年8月16日
特養老人ホーム 3階 ケアワーカー 大戸

「夏祭り」

先日、特養で夏の風物詩、夏祭りが開かれました。
出店が何店舗かありご利用者の方々は昔を思い出され懐かしがられている様子も見られました。
学生の方々・近隣に住むお子さん達もボランティアとして参加下さり、
普段と違った雰囲気に笑顔が溢れていました。

今年は焼きそば・かき氷の他にキュウリの浅漬けも出ていました。

普段この様に一本で出る事が無い為、豪快に一口!♪美味しいですよね♪

またご利用者のご家族も一緒に参加され、楽しいひと時を過ごされました。

来月には近隣の小学校で開催される
盆踊り大会にも参加するので、まだまだ夏の楽しみは終わりません♪

2018年7月31日

練馬キングス・ガーデン 特別養護老人ホーム 3階 ケアワーカー 大戸

夏休み!こどもワクワクDAY、大盛況

2018年7月29日(日)午後、練馬キングス・ガーデンにて開催の「こどもワクワクDAY」は盛況のうちに終了いたしました。

以前は「夏休み子どもボランティア体験」として、昨年からは工作的な内容も含め毎年恒例となりつつなる夏のイベントです。

今年は猛暑、台風等の影響もあってか、申込のあった子どもの中には体調を崩しキャンセルとなった子どももいましたが、
小学生8名、高校生+大学生のボランティア16名を加えて
若い世代が24名と、非常に活気のあるイベントとなりました。

天候も心配されましたが、台風一過で良い天候に恵まれました。

まだ小さなお子さんも見学においでになり、みんなで作ったうちわをおじいさん、おばあさんにプレゼントする役を担ってくれました。

参加された利用者の皆さんも喜んでくださり、普段以上の笑顔と良い表情がたくさんみられました。

 


ご家族も多くおいでくださいました。小さなひ孫さんも参加され、可愛い浴衣姿を見せてくださいました。

小さな子どもから100歳を超えたお年寄りまで、世代を超えた楽しい交流の時を今年も持てたことを大変うれしく思います。

今回は、練馬区の「ねりまユニバーサルフェス」の一環である「ねりあるきラリー」参加のイベントでもありましたが、
子どもたちにもパンフレットを配布し参加してもらいました。

近隣にお住まいの方で、「ねりあるきラリー」のみに参加された方や、うちわ作りに参加された方、見学のみされる方、中庭でブランコ、ハンモックで遊んでいかれたご家族もいらっしゃいました。

参加した小学生の子どもたちに一言ずつ感想を言ってもらいましたが、
「来年もまた来たい」「おじいさん、おばあさんと夏祭りを過ごせて楽しかった」
「きゅうりが美味しかった」「うちわ作りが楽しかった」「お兄さん、お姉さんがやさしく教えてくれた」
「貴重な経験をさせてもらった」など、良い感想をいただけました。

これからも、練馬キングス・ガーデンが地域共生の拠点として、地域の皆さんの交流の場、居場所や活躍の場となり、特に若い世代、子どもたちにとって、体験や成長の場となるとうれしく思います。

 

最後は、今回、練馬区報に掲載いただいた写真です。

2018年7月30日

練馬キングス・ガーデン 施設長 中島真樹

特養フロアにゲストが!(練馬工業高校ダンス部)

本日、特養フロアにゲストが!
練馬工業高校ダンス部の皆さんです。


アップテンポなダンスに合わせ、入居者の皆様は掛け声や拍手で盛り上げて下さいました。
楽しんで頂けたようで何よりです。
ダンス部の皆さん、ぜひまたお越しください!

2018年7月13日

練馬キングス・ガーデン ボランティアコーディネーター(新井)

「約10年ぶりの里帰り」 

先日、特養の御利用者の「お墓参りに行きたい」との希望で
山梨県・甲府に行ってきました。

当日は天候にも恵まれ、娘様も同行の元、職員の運転する車にて
練馬キングス・ガーデンを出発しました。
入所されてから初めての遠出外出でもあった為か
緊張した様子でしたが甲府に近づくにつれ表情も柔らかくなり笑みも見られました。

今回のお墓参りには御利用者の妹様も駆けつけて下さり
約10年ぶりの再会を果たしました。
妹様の顔を見るやいなや
大粒の涙を流され 一生懸命お気持ちを伝えようとされていました。


お墓にも無事に辿り着き手を合わせる事ができました。


昼食にはずっと楽しみにしていた
おざら(ほうとうのような郷土料理)と馬刺しをたくさん召し上がられ
日常とは違う思い出深い一日を過ごされました。

2018年7月10日 練馬キングス・ガーデン

特別養護老人ホーム 3階 ケアワーカー 大戸