【練馬KG】(特養)「あっと言う間に7月」

こんにちは。

2020年も半分が終わってしまいましたね。
練馬KGの特養では少しずつですが
六月下旬から面会の緩和をし始めました。
予約制ではありますが、実際にご家族に来て頂き
窓越し、ベランダ、また練馬KGではまだ希望者を募っている段階ですが、画面越しのズーム等からの面会方法を取り入れ、 久しぶりのご家族との時間を過ごして頂いています。

ですがここ最近、新型コロナウイルスの感染者が再び増え
職員も改めて意識し直し、毎日を過ごしている日々です。

残念ながらボランティアの方々の受け入れはまだ目処が立っていません。

施設での生活
室内に居ることが多いと、どうしても季節を感じにくい為
今回は、ご利用者の方々と一緒に
季節の壁画
五月は「こいのぼり」
六月は「てるてる坊主」を制作しました。

「こんな事、出来ないよ」と言いながらも
好きな色の鱗を選び、糊をつけ貼られたり、、

白目に目を書いて下さいと伝えると、
白目に漢字の「目」を書かれた方もいらっしゃいました♪

伝え方って難しいなぁと思いながら
また一つ勉強になった出来事でした。

まだまだ自粛期間は続きそうですが、
できるだけ早く元の生活に戻れるように
私達、職員も気を付けながら、
ご利用者の方々と過ごして行きたいと思います。

2020年7月22日 特養三階:大戸