マスクをいただき感謝!

先日、大きな段ボールいっぱいのマスクが届きました。

近隣のキリスト教会牧師の方からです。以前、中国の方が困っている時にマスクをお送りしたそうですが、今回はそのお返しにいただいたマスクとのこと。

その方がキングス・ガーデン東京のことを思い出してくださり、私たちのところにも分けて送ってくださいました。感謝。

キングス・ガーデン東京の各施設で感謝しつつ、使わせていただきます。

その他にも、職員のみんなへ、と貴重なマスクが送られてきました。元入居者のご家族の方から。

先日は段ボールいっぱいの「みかん」を送ってくださった方もいらっしゃいました。

本当にうれしく、心強く思います。

新型コロナウイルスの感染が近くの病院やお店などでもあり、いよいよ近づいてきている緊張感が日々増していますが、何としてもご高齢のご利用者と職員を守っていきたいと思います。

皆さんのお祈りと励ましが何よりの力になります。引き続きご支援お願いします。

少し最近の様子をお伝えします。

特養の面会は制限させていただいていますが、少しでも様子を知りたい、顔を見たいというご家族も多くいらっしゃりできる限りの工夫をしています。

先日は3階の窓から職員付き添いのご利用者と、1階外のご家族が顔を会わせ、手を振りつつ、声を掛け合い、互いの安否を確認していらっしゃいました。

1階の相談コーナーには、近隣の福祉用具の業者の方が寄贈してくださった手作り品の透明ボードが設置されています。

中庭エデンではチューリップや藤の花が咲き始めています。

この状況が早く収まって、皆さんと気兼ねなくお会いし、気軽においでいただける日が早く来ることを待ち望んでいます。

2020年4月22日 練馬キングス・ガーデン施設長(中島)