「癒しと安らぎの環境賞」を受賞いたしました。

【「癒しと安らぎの環境賞」受賞】

2018年2月27日、授賞式に当法人の理事長が職員と共に出席いたしました。

この賞は、医療情報誌「集中」創刊10周年記念式典に合わせ復活された賞とのこと。この活動は日野原重明先生を名誉会長・岩崎榮先生を会長として建築家の安藤忠雄先生や東大の建築の長澤康先生など20名のメンバーで「アートや音楽を取り入れる事で医療施設を癒しと安らぎの環境」になって欲しいと開始した活動で、熱心に取り組んでいる医療法人を顕彰すると言うものとのこと。

当法人は社会福祉法人の高齢者福祉施設ではありますが、今回「癒しと安らぎの環境賞」に「練馬キングス・ガーデン」が選定されました。
心から感謝いたします。

受賞者・選考理由としては、

「楽しみと喜び」をもって生活できる場として、介護を通じ入所者の満足度を高めるために様々な院内(施設内)デザインを変更し、また、一人一人がゆっくりと楽しめるように、お風呂を「個浴」にし、「青森ヒバ」の木製家庭浴槽を導入するなど、より良い環境作りに取り組んでいる。この活動に対してとのこと。

喜びと感謝をもって報告させていただきます。

こちらのページに受賞理由と他の受賞者のことが掲載されています。

集中医療大賞・癒やしと安らぎの環境賞  受賞者発表

私たちの取り組みが受賞に値するかわかりませんが、開設から21年、多くの支援者の方々、地域の方々に支えられ事業を続けてくることが出来ました。

そのことによって頂けたご評価であると感謝をもって受け止め、今後の励みにしていきたいと思います。

何卒、今後ともご支援をいただけますようお願いいたします。

練馬キングス・ガーデン 施設長 中島真樹

2018年3月1日