高齢者防災安全セミナー開催

「高齢者防災安全セミナー」を開催

平成28年5月23日(月)14:00-15:00、

早宮地区区民館会議室をお借りして、

練馬キングス・ガーデン地域包括支援センター支所による

「高齢者防災安全セミナー」を開催いたしました。

地域包括支援ネットワーク構築事業による地域ケア個別会議として

このセミナーは地域包括支援ネットワーク構築事業による地域ケア個別会議として、地域の民生委員や近隣地域の居宅サービス事業者等を対象に行うものです。

 

地域ケア力の向上を図ることを目的とし、年4回の開催を予定しております。

今回は今年度の第一回目として、練馬消防署のご協力により開催いたしました。

講師は東京消防庁練馬消防署警防課地域防災担当係長。

 

近隣の民生委員や関係者の皆さま32名もの多くの方が集まり、このテーマへの関心の高さを改めて認識しました。

内容としては、東京消防庁の働き、熊本地震の災害状況、練馬区の火災状況、
避難拠点についてのDVDや資料をもとに学びました。高齢者を取り巻く環境に対する課題等も共有。光が丘消防署に「福祉関係者等の相談窓口」を開設したので、活用してくださいとの情報提供もありました。

IMG_3877

参加者からは、

避難拠点や要援護者の安否確認について知りたい、救急救命講習を受けたい、

といった意見があり、また事前にアンケートにていただいたご意見ご質問もふまえ、
活発な意見のやり取りにより充実した時を持つことが出来ました。

地域の防災・安全への意識を高めていく

今回のセミナーを通して、災害現場からの情報を知り、
日頃私たちが関わる地域や高齢者の課題を共有するとともに、
消防署とも協力・協働して、地域の防災・安全への意識を高めていくことが必要だと認識を深める機会となりました。

当日配布された資料はどれも、参考になるものばかり。

今後の防災安全対策に生かしていきたいと思います。

IMG_3876

練馬区では「災害時、自力で避難できますか?」

と問いかける、カエルの絵が特徴の「災害時要援護者名簿への登録のご案内」を発行しています。
当センターでも資料を置いてありますので、お立ち寄りの際にはお持ち帰りください。

 

デイサービス大運動会!今年も熱い3日間に

デイサービスでは、毎年この季節に大運動会を開催しています。

今年は5/21(土)に開幕!

5/23(月)、24(火)と合わせて3日間、

今年も熱戦が繰り広げられました!

赤組と白組に分かれて、まずは選手宣誓!

ラジオ体操で身体をならした後は、

玉入れゲーム!

お玉まわしゲームと、続きます

盛り上がって、普段は大人しい方や、小さな声の方が

活発に動かれたり、声を大きく出されたりと、

普段の違う面を見せていただけるのも、この運動会の楽しみです。

お昼ごはんは、ちょっとお弁当風に、卵焼きとお稲荷さんなど、

しっかりと栄養と休息を取って、午後からの続く戦いに備えます。

この3日間、とにかく暑い日でした。

予報では30度に達するとのことでしたが、

施設の中は、それを上回るかという、盛り上がりで、

水分補給もマメに取りながらのプログラム進行となりました。
午後は、応援合戦、パン釣り競争、そして職員対抗の二人三脚と、
これまた、どんどん盛り上がるプログラム展開に、
終わった後は、みなさん、どっと疲れが出たのか、
とても静かに表彰式を迎えました。

一年に一度のイベントですが、
少し、普段よりも身体を動かしたり、興奮したり、刺激の多い日も良いですよね。

また、来年も元気に、皆さんと楽しめるようにいたしましょう!

おつかれさまでした~!!(中島)IMG_381001 IMG_381201

2016年5月26日 | カテゴリー : イベント | 投稿者 : kg-tokyo

5/18(水)工藤真史さん「ハートフルピアノコンサート」

5/18(水)工藤真史さん「ハートフルピアノコンサート」

 

5月に入り夏の暑さを感じる日も多くなってきました。

練馬キングス・ガーデンの玄関の大きな栴檀(センダン)の木も花を咲かせ、芳しい香りが漂っています。

18日の午後、デイサービスフロアにて、プロのピアニスト工藤真史さんによる「ハートフルピアノコンサート」が行われました。

P1040392

まず、工藤さんの昔からの友人でもある中島施設長から工藤さんの紹介があり、C.ドビュッシー作曲の『月の光』(ベルガマスク組曲より)、『アラベスク第一番』からコンサートが始まりました。

デイサービスのご利用者だけでなく、特養のご利用者や地域の方々もその美しい音色に聴き入っていました。

 

P1040411

神戸市出身で牧師家庭に生まれ育ち、神戸女子学院大学音楽部で学んだ後ドイツへ留学し、現地で演奏活動を行っていた工藤さんでしたが、2012年にがんが見つかり抗がん剤治療を受けることに。

今も抗がん剤の後遺症と闘いながら、活動拠点を日本に移し全国各地でコンサートを開き、昨年にはCDを発売されました。

曲の合間に工藤さんのお話しもあり、

「闘病中つらいと思うこともたくさんあったけど、苦しいことも神様からのプレゼントだと思えるようになった」とお話して下さいました。

後半はF.ショパンの『ノクターン』や『子犬のワルツ』を披露され、最後は『ふるさと』、『見上げてごらん、夜の星を』を工藤さんの演奏で皆さんと一緒に歌いました。

ご利用者の皆様も「今日聴きに来て良かった」と大変喜んでいらっしゃいました。

P1040429

病に負けず前向きに生きる工藤さんの姿から励ましをもらった方も少なくなかったのではないでしょうか。

演奏を通して、音楽で心と心が通い合う素晴らしさを改めて感じることができました。

工藤さんの今後のご活躍と、またお体の癒しの為にお祈りしています。

ありがとうございました。

ボランティア・コーディネーター
真船 結実枝

2016年5月20日 | カテゴリー : イベント | 投稿者 : kg-tokyo

(仮称)練馬の丘キングス・ガーデン建設準備ニュース No.1-2015.12

キングス・ガーデンの働きは全国に展開し、関連施設は80近くになり、多様な奉仕の働きを続けています。
2015年に開設された東中野の施設に続き、キングス・ガーデン東京としては三つ目の施設が生まれようとしています。
20年間の練馬キングス・ガーデンでの経験を活かしながら、さらにきめ細かな介護を目指すユニット型の施設運営を通して、地域の方々の必要に応えていきたいと願っています。

 

完成イメージ(2017年8月開設予定)

完成イメージ(2017年8月開設予定)

1、施設の概要

(1)所在地 :練馬区練馬2-27

(2)敷地面積:4016.46㎡

(3)延床面積:4639.04㎡
地上2階地下1階

2、事業の内容

(1)特別養護老人ホーム(ユニット型60人、多床室24人、従来型個室12人)

(2)ショートステイ(12名)

(3)認知症対応型デイサービス(12人)

(4)居宅介護支援事業所

(5)介護予防事業(練馬区委託事業)

(6)地域交流スペース

ご家族をはじめ、地域の方など、どなたでも入りやすい地域に開かれた施設になるようにと考えています。

3、資金計画

総事業費、約22億円のうち、自己資金を約13億2千万円(うち10億円を借入れ予定)と計画しています。安定した法人経営が行えるよう、是非、ご協力をお願いします。

4、寄付金受付口座

【郵便振替】00160-8-418646
社会福祉法人 キングス・ガーデン東京

【銀行口座】三菱東京UFJ銀行 練馬平和台支店
店番125 普通0257323
社会福祉法人 キングス・ガーデン東京
理事長 泉田 昭

※お振込の際はお名前、ご住所、お電話番号を必ずご記入ください。
後日領収書を送付させていただきます。
※この寄付金は確定申告によって寄付金控除の対象となります
(所得税法第78条第2項第3号該当)。
※法人での寄付の場合は法の限度額内において損金算入ができます
(法人税法第37条第1項該当)。
※その他ご不明な点がありましたら、練馬の丘キングス・ガーデン開設準備室までお気軽にお問い合わせください。

練馬の丘キングス・ガーデン準備室
〒179-0085 東京都練馬区早宮2-10-22
電話:03-5399-2201  FAX:03-5399-5220

ホームページ  http://www.kg-tokyo.or.jp
メールアドレス webmaster@kg-tokyo.or.jp
担当:栢沼

(仮称)練馬の丘キングス・ガーデン建設準備ニュースNo1_2015.12

(仮称)練馬の丘キングス・ガーデン建設準備ニュースNo1_2015.12

 

(仮称)練馬の丘キングス・ガーデン オープニングスタッフ募集

2017年4月~勤務開始。

2017年3月卒業予定の方も是非、ご応募ください!!
都営大江戸線豊島園駅、徒歩5分!(西武線練馬駅徒歩10分)

ご利用者の生活全般を支えながら、夢や希望を叶えるやりがいのあるお仕事です!

 

介護職員、看護職員、栄養士、機能訓練指導員、生活相談員、介護支援専門員、施設管理、事務員など、多種の職種において、同労者を募集しています。

待遇、採用時期、勤務形態など応募職種によって異なりますので、興味のある方はお問い合わせください。

説明会・面談を必要に応じて今後随時開催していきます。

(問い合わせ先:梅田、渡辺)

 

『生きる意味』を考える―孤独を超えて生と死に向き合う―サポートネットワーク第2回シンポジウム開催案内

イベントのご案内です。

より多くの方に知っていただき、共に考えたいと思います。
参加無料です。どなたでも奮ってご参加ください。

【シェア・拡散お願いします】

20160618tirasigazouomote

《サポートネットワーク 第2回シンポジウム》
「『生きる意味』を考える―孤独を超えて生と死に向き合う―」
フェイスブックイベントページ
https://www.facebook.com/events/1676560565937035/

ご参加を希望される方は、以下のフォームよりお申し込みください。
https://ssl.alpha-prm.jp/kg-tokyo.or.jp/sympo2.html

詳細はホームページでご覧いただけます。

イベント情報

以下、ホームページの内容の一部抜粋です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
社会福祉法人キングス・ガーデン東京では、住み慣れた地域で支え合いながら、誰もが自分らしく生き、豊かな最期を迎えられる「サポートネットワーク」づくりのため、2014年から「キングス・ガーデン東京サポートネットワークプロジェクト」を開始しました。

「人材確保・育成」をテーマとして開催しました第一回に続き、今年は「生と死」をテーマに、実践研究に深く携わりのある講師パネリストを迎え、第二回シンポジウムを開催するはこびとなりました。共に学び、共に考え、繋がりを深める時となることを願っています。

《サポートネットワーク 第2回シンポジウム》
【テーマ】 「『生きる意味』を考える―孤独を超えて生と死に向き合う―」
【日程】 2016年6月18日(土)10時30分~16時45分
【場所】 日本イエス・キリスト教団荻窪栄光教会
東京都杉並区南荻窪4丁目6-11

荻窪栄光教会

【主催】 社会福祉法人キングス・ガーデン東京
【共催】 日本イエス・キリスト教団関東教区シニア部

【参加費】 無料(昼食各自持参)
【講師】  基調講演 堀 肇氏
【パネルディスカッション】
■堀 肇氏(コーディネーター)
鶴瀬恵みキリスト教会牧師(臨床パストラルカウンセラーの立場から)
■大和 昌平氏
東京基督教大学教授・新学部長(日本人の死生観研究の立場から)
■根田 祥一氏
いのちのことば社出版部編集長(家族介護の当事者の立場から)
■宇都宮 和子氏
筑波キングス・ガーデン総合施設長(施設(現場)の立場から)

【プログラム】
10:30 基調講演
11:30 質疑応答
12:00 休憩(昼食は各自ご持参ください)
13:00 パネルディスカッション
14:45 分科会(各パネリスト発題・質疑応答)
16:15 まとめ(総評)・アピールタイム
16:45 閉会

【申し込み】
参加ご希望の方は、氏名・所属・連絡先・参加希望の分科会をご記入の上、FAX、メール、またはホームページにてお申込みください。
参加受付は定員に達し次第終了致しますお早目にお申込みください。
※申込に関する個人情報は、当シンポジウムの目的にのみ使用いたします。

【お問い合わせ】
社会福祉法人キングス・ガーデン東京 法人本部事務局(渡部・中島)
電話:03-5399-2201(平日8:30-17:30) メール:kgrengo@kg-tokyo.or.jp
http://www.kg-tokyo.or.jp/

2016年5月13日 | カテゴリー : イベント | 投稿者 : kg-tokyo