法人について

法人の方針

運営理念 ―夕暮れ時に光がある―

社会福祉法人キングス・ガーデン東京は1996年に開設され、人生の「夕暮れ時」に「楽しみと喜び」をもって生活していただけるよう、地域に根ざした運営をしてまいりました。

キングス・ガーデンの基本方針は、「愛をもって仕える」ことです。

 これからも、ありのままの「ご本人らしさ」が尊重され、最期まで住み慣れた場所で、それぞれにとっての「あたりまえ」の生活をして頂けるように、愛をもって心をこめたケアをさせていただきます。

神に仕えるように利用者に仕える

「まことに、あなたがたに告げます。あなたがたが、これらのわたしの兄弟たち、しかも、最も小さい者たちのひとりにしたのは、わたしたちにしたのです。」(聖書)

利用者を心から尊敬し、利用者が尊厳のある生活を送れるように支援する
利用者の安全と健康を守り、又心身共に自立した生活ができるように支援する
利用者が、喜びと生きがいをもって生活できるように支援する

社会に支えられ、社会に仕える

「あなたの隣人をあなた自身のように愛しなさい」(聖書)

高齢化・核家族化する地域社会において、介護を必要とする高齢者が安心して受け入れられるサービスを提供し、在宅生活及び施設生活を支援する。
社会福祉法人キングス・ガーデン東京は、地域社会の方々が住み慣れた地で安心して老いを過すことができる街づくりに貢献する。


—倫理綱領—

 社会福祉法人キングス・ガーデン東京は、社会福祉法に基づく公益法人であり、利用者はもとより地域社会における高齢者福祉の充実に貢献するために、公正かつ公平な運営に努めます。
 キングス・ガーデンはキリスト教の隣人愛の精神に根ざし、公共性と倫理性を旨とし、地域社会の期待に応え、地域社会における高齢者福祉推進の中心的役割を果たすため、ここに倫理綱領を定める。



一、神を敬い、人を愛する。



二、個人の尊厳と社会連帯の思想により、地域社会と共にノーマライゼーションの実現に努める。



三、明るい笑顔、明るい挨拶、優しい声かけを励行し、品位のある身だしなみを整える。



四、利用者のプライバシーを保護する。



五、法令を遵守すると共に、公正かつ公平な運営に努める。



ご挨拶

CEO

「大都会のオアシス」
社会福祉法人キングス・ガーデン東京 理事長 泉田 昭

 練馬キングス・ガーデンは、地下鉄有楽町線/副都心線の平和台駅より徒歩5分、高校と公園に面し、美しい緑に囲まれた静かな環境の中にあります。
 それは、砂漠のような大都会におけるオアシスであり、高齢者にとってはパラダイスでありましょう。職員は主に仕えるように入居者や利用者にお仕えし、多くのボランティアの方がサポートしてくださっています。それによって、ゆとりのある充実した介護サービスが行われています。在宅福祉にも力を注ぎ、家族と地域のためにも貢献をしています。大都会においては、少子高齢化は著しく、介護を必要とする高齢者は急増していますが、介護をする若者は減少してきています。
 多くの方が祈り、多くの方が参加し、多くの方のオアシスを共に育ててゆきたいと願っています。